1st ALBUM

2017.8.29 RELEASE
KRBP-001 | ¥2,000 (tax included)

クラシック、ポップス、ブラック・ミュージックへの深い造詣と、確かなテクニックがコントラバスの可能性を最大限に引き出すーー。たった一本のコントラバスが紡ぎだす、ジャンルの垣根を越えた至高のサウンド。BASSE PLANTE 渾身のデビューアルバム。全8曲。

The possibility of contrabass maximized with Certain skill and Profound knowledge of Classic, Pops & Black music. His one-man Contrabass gives supreme sound beyond genres. BP's challenging debut music album "ONE". All 8 songs recorded.

1stアルバム「ONE」発売についてお寄せいただいた、著名アーティストの皆様のコメントをご紹介!

※五十音順・敬称略

Here're the comments to BP's 1st album from famous artists.

ー阿部 海太郎 (作曲家)

 

その強い筆味に、コントラバスという楽器が記憶してきたリズムの歴史が迫ってくる。

記憶とは必ずしも過去のことではない。樹の生命が私たちの生涯よりずっと長いように、

記憶とは、未来と約束を交わすことだ。

その一音一音が、私たちの地平の遥か向こうから聞こえてくるのだ。

 

Umitaro Abe  (Composer)

 

The mighty sound reminds the history of rhythm passed in Contrabass.

It shall not be what has passed and be more than ever to explore what Contrabass will be. 

Also, you will be able to feel the stream of history.  His sound is beyond what we expected.

ー池松 宏 (東京都交響楽団 首席コントラバス奏者、東京芸術大学准教授)

 

It's cool! ご機嫌なアルバム!

たった1人、ベース一本でこんなに色彩感溢れグルーヴィな音楽をするなんて!

ベースの新しい世界のドアを開ける、

そしてベースのこれからの無限の可能性を感じさせる素晴らしいCDです。

 

Hiroshi Ikematsu  (Principal Contrabassist of Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra, Associate Professor of Tokyo University of the Arts)

So Cool and Sunny !  No one can imagine so much groovy and colorful music with one-man Contrabass.

This is the awesome album opening up new bass musical norms and showing infinite possibility of bass.

ー市川 和則 (ギタリスト / 羊毛とおはな、The BOCOS

 

コントラバス1本で戦いを始めた彼はまさに侍。そう、決して友達がいないわけではない。
文字通りの自作自演、でもこれはとても美しい自作自演です。

 

Kazunori Ichikawa (Guitarist of YOUMOU TO OHANA, The BOCOS)

 

BP must be Japanese Samurai with only one Contrabass. 

He made a choice to play one-man Contrabass though lots of supporters and friends.

You might feel as if he plays "Sock Puppet", but, this is so much beautiful and amazing one.

ー稻川 永示  (NHK交響楽団コントラバス奏者)

 

革新的で先覚的。彼は前人未踏の舞台でコントラバスの可能性を見つめている。

もしあなたがBASSE PLANTEのライブを見たならば、さらに衝撃を受けるだろう。

ステージには彼しかいないのだから。

 

Eiji Inagawa (Contrabassist of NHK Symphony Orchestra)

 

Progressive and Pioneer.  BP is seeing the possibility of Contrabass on the stage no one stands.

You must be shocked and moved by the notice that there's only him on a stage.

ー竹尾 典明(ギタリスト / TAKEKINGS、FoZZtone)

 

ファーストアルバム「ONE」へ寄せて
まさに彼の存在はオンリーワンだ。誰も真似できないし、真似した所で追いつけやしない。

CDの再生ボタンを押した瞬間から俺はギターを取り出し

ONE」の楽曲達とのセッションを楽しんでいた。

BASSE PLANTE  彼はコントラバスヒーロー。

まだ誰も聴いた事の無い音楽が「ONE」に確かに在った。

 

Noriaki Takeo (Guitarist of TAKEKINGS, FoZZtone)

 

BP is the only "ONE" player.  No one reaches and imitates.

At first time to listen, I just noticed to enjoy the session with his music unconsciously. 

BP must become Contrabass Hero in next generation.  He presents what no one listens to via "ONE".

ー田中 佑司(音楽家/bonobos、古川麦トリオ、サンガツ、INSIEME)

 

CDをカーステレオに入れて、再生が始まり最初の一音が鳴った瞬間に裏切られた…!

(もちろん良い意味で)  

コントラバスのソロ、の固定概念を大きく上回ったこの作品は、

当然オーバーダビングによって構築されているのだが、全ての音が耳に飛び込んで来て、

しかも全部気持ち良い。すごいアルバム作ってしまったね。

Yuji Tanaka (Musician / bonobos, Baku Furukawa Trio, Sangatsu, INSIEME)

 

His first sound suddenly exceeded my expectation when CD played via car stereo.  This work is so much beyond stereotypes of Contrabass solo.  Though all songs are constructed by overdub, all sound comes in with comfortable feeling.Awesome work you created !

ー山田 章典 (スタジオ、セッションベーシスト / 河村隆一、天野月子、etc )

 

クラシック奏者には無いリズム感覚、

ポピュラー音楽奏者には無いハーモニー感覚が遺憾なく発揮された素晴らしいアルバムです。

コントラバスというアコースティック楽器のみの楽曲なのに

EDMを聴いてるような心地良いサウンド。

彼独自の音楽は国境をこえて世界中の人に受け入れられる可能性を感じます。

 

Akinori Yamada  (Studio, Session Bass player / Ryuichi Kawamura, Amano Tsukiko, etc)

Amazing album with "Sense of Rhythm" classic music player does't have and "Sense of Harmony" pops music doesn't have.

Everyone can feel so good by listening as if EDM though all songs are created using only Contrabass such acoustic instrument.His unique songs can move people all of the world.

Please reload